前立腺肥大症になりやすい人?治療法大公開!

前立腺肥大症になりやすい人

前立腺肥大症の頻度は、年齢とともに高くなり、50歳からより増加します。組織学的な前立腺肥大は、30歳代から始まり、50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%にみられますが、そのすべての方が治療を必要とする症状を伴うわけではありません。前立腺の肥大と排尿症状を伴い、治療を必要とする、いわゆる前立腺肥大症の頻度は、その1/4程度と言われています。

肥満、高血圧、高血糖および脂質異常症と前立腺肥大症の関係が指摘されており、メタボリック症候群との関係についても、検討されています。野菜、穀物、大豆などに多く含まれるイソフラボノイドは前立腺肥大症の発症抑制効果があることが指摘されていますが、喫煙やアルコール、性生活との関係は明らかではありません。

前立腺肥大症の治療

前立腺肥大症の治療は、症状が軽ければ、まず薬物療法を行います。薬の効果は症状が軽いうちほど高いのですが、放置したまま悪化してしまうと外科的手術が必要になる場合も少なくありません。

薬物療法

α1受容体遮断薬

α1受容体は前立腺や尿道の筋肉にある、蓄尿をコントロールする器官です。自律神経の命令により緊張している前立腺や尿道の筋肉をリラックスさせる働きがあるため、排尿障害のさまざまな症状が改善されます。前立腺が小さくなるわけではありませんが、軽い症状なら早期改善が望めます。

抗男性ホルモン薬

前立腺肥大を起こす男性ホルモン(テストステロン)の作用を抑えることにより、前立腺細胞の増殖を抑制し、肥大を起こさないようにする薬です。使用開始後、効果が現れるまでに数か月かかります。また、服用を中止すると再び肥大してしまいます。

漢方薬
漢方薬には、排尿障害に効果のあるものも何種類かあります。しかし、患者さんの体質によって処方される薬が違ってきます。

手術療法

☆内視鏡手術
症状が重く、薬物療法では十分な改善がみられなかった場合、内視鏡手術が必要となります。内視鏡を挿入し、肥大した前立腺の組織を電気メスやレーザーで切除します。所要時間は1時間程度ですが、3~7日間ほどの入院が必要です。

☆開腹手術
前立腺がかなり大きくなっている場合、前立腺をすべて摘出するために、開腹手術が行われることもあります。この場合、2週間以上の入院が必要になります。

☆レーザー治療
尿道から挿入した内視鏡の先端からレーザー光線を照射して、前立腺の肥大した組織を
凝固・壊死させる方法です。1週間以内の入院で、身体への負担が少なくてすみます。

海外医薬品通販・ゼニカルご紹介

海外医薬品通販
海外医薬品通販とは、海外人気商品、医療商品またサプリメントの通販サイトで購入した商品を日本に送ってもらうことです。そして、海外医薬品通販サイトには国境がないため、世界中から買い物することができるようになりました。日本では売っていない商品、特に海外で高い評価と好評になっている医薬品、また海外で話題の薬と健康サプリメントが買え、人気な薬の通販ランキングのような情報を得ることもできます。そして為替レートや物価の違いで日本より安く買えるといったメリットがあります。

海外医薬品通販サイトは特に男女向けの健康サプリメントと薬について海外医薬品を販売、海外医薬品の効果、海外医薬品のランキングなどいろんな海外医薬品通販情報が掲載されています。例えば女性向けの不感症、セックスレス、女性ホルモンの分泌不足など対応して高い評価を待っている媚薬、また最近どんどん流行っている話題になった漢方媚薬、人気媚薬の通販ランキングなど様々な薬と健康サプリメントが販売され、様々な海外医薬品通販情報を載っております。そして男性の場合はED治療薬、勃起促進剤、また海外で大人気な精力剤、薬ではなくただ履きってペニスのサイズが大きくなれるパンツなど様々な海外医薬品を販売して人気海外医薬品購入できます。だからこの人気海外医薬品通販サイトは男女を問わず、誰でも、どんな症状に対応してもこのサイトで海外医薬品購入できます。
上述にいうような面倒な手続き等を個人の代わりにやってくれるのが海外医薬品通販サイトであります。一般消費者はこのサイトを通じて海外の医薬品を購入します。でも、ほかにはオオサカ堂というサイトがあります。

オオサカ堂とは
オオサカ堂は、電話での注文は受け付けておらず、基本的にはすべてネットを使っての注文となります。
区別は
自分でネットショップから、海外医薬品を購入するときには一番心配することは偽物です。オオサカ堂で販売されている海外医薬品は本物なのでしょうか?オオサカ堂医薬品個人輸入サイトを利用することに不安を覚える人もいるでしょう。確かに「もし偽物をつかまされたら、効果がないばかりか、身体に害があるかもしれない」と認識できる 人は非常に多いでしょう!

だから、海外医薬品通販サイトを利用しているとき、自覚性を持つのは必要なんです。オオサカ堂の場合は全て偽物じゃなくで、自分の健康のなめに、注意してください!

次はゼニカルとゼニカルジェネリックについて少し紹介させていただきます。

ゼニカルは日本でも人気なダイエット薬であります。日本には商品名がゼニカルで成分名がオルリスタットまたはオーリスタットであります。

ゼニカルは全アメリカで肥満治療薬として認可されていますが、日本ではまだ未認可ですので、個人輸入で入手することが出来ます。

ゼニカルの特徴
脂肪を体内に蓄積させる酵素「リパーゼ」の働きを阻害する役目があり、食事で摂取した脂分の30%を体外へ排出するので、食前に服用すれば摂取カロリーを大幅にカット出来るというです。

ゼニカルの使用方法
ふつうには1錠を1日2~3回食中、もしくは食後1時間以内に経口投与します。

ゼニカルの副作用
全アメリカでは肥満治療薬としてFDAという米国内の医薬品を認可する組織から認可を受けています。これは99%が体内に留まらず脂と一緒に排出されるので副作用の心配が少ないと言われています。

前いうより日本で大人気なオルリスタットは実はゼニカルのジェネリックです。
でも、ゼニカルの値段はオルリスタットの1.7倍であります。しかし同じ効果があります。

ゼニカルの体験談
毎日摂取するだけでダイエット効果が得られるということでゼニカルを試してみました。効果は良くないです。そして、ゼニカルを飲み始めて1ヵ月、すでに3キロほど痩せで驚いています。ゼニカルだけでどの程度の効果があるのは未知数な感じです。もう少し時間をかけて効果のほどを見極めていきたいと思っています。

ゼニカルの購入
ゼニカルはウェブで海外医薬品通販サイトで購入すると送料無料になったり、安心して購入できるよう代引きでの注文が可能といったサービスを充実させているところもあります。
ゼニカルに興味があるけれども入手方法に不安を感じていた人は海外医薬品通販サイトのホームページをチェックしてみてはいかがでしょうか。

from: http://ideawhip.com/

前立腺肥大症の原因の情報について

最近の調査の結果、40歳以上の8人に1人が、過活動膀胱の症状であることがわかりました。実際の患者数は日本全国で800万人以上です。前立腺に関する病気がたくさんありますが、その中で一番なるひとが多い病気は前立腺肥大症です。前立腺肥大症は前立腺の内側の部分が腫大(前立腺腺腫)する病気です。では前立腺肥大症の原因は何でしょうか?本文では、前立腺肥大症の原因の情報につてご紹介します。

前立腺肥大の原因は加齢や偏った食生活、血行不良、頻繁な性行為などと言われていますが、ホルモンバランスが大きく関係しているものと考えられます。

高齢になると男性ホルモンが減り女性ホルモンが増えます。こうしたホルモンバランスの変化が、前立腺肥大に深く関係しているのではないかという考えが有力です。、50〜65歳の男性の約15%、65〜80歳の男性の約25%が中等症以上の臨床症状を伴う前立腺肥大症の患者さんであることが想定されています。男性ホルモンの存在と加齢が前立腺肥大症の発生と進行に影響していることは疑いの余地のないところです。

高血圧、高血糖、肥満や脂質異常症との関係や、メタボリック症候群との関係についても、指摘される場合があります。野菜、穀物、大豆などに含まれるイソフラボノイドに前立腺肥大症の発症抑制効果があるとされます。また、喫煙やアルコール、性生活との因果関係を指摘されることもありますが、また研究で、データーからの報告が必要になります。

前立腺肥大症の症状は何でしょうか?

前立腺肥大症では排尿がだらだらと長引いてなかなか終わらないことが良くみられ「尿の切れが悪い」と表現されることが多いようです。前立腺肥大症は比較的良性の病気で、それこそ症状がなければ病院に行くこともないのが普通です。0歳代で30%、60歳代では60%、70歳代では80%、80歳代では90%となっています。では、前立腺肥大症の症状は何でしょうか?本文では、前立腺肥大症の症状の情報についてご紹介します。

尿道の奥や会陰部の不快感、夜間の排尿が2回を超える頻尿、尿意を感じるとがまんができない尿意切迫感、尿が出始めるまでに時間がかかる、尿線が細く、尿が出終わるまでに時間がかかるなどの症状がみられる時期をいいます。

尿意切迫感があって、トイレまで間に合わずに尿が漏れてしまうような症状を、「切迫性尿失禁」と言います。尿意切迫感があり、頻尿を伴うものを過活動膀胱といいますが、前立腺肥大症の患者さんの50~70%が過活動膀胱を合併します。過活動膀胱では、まだ膀胱に十分尿が貯まっていないのに、膀胱が勝手に収縮してしまうので、すぐに排尿したくなってトイレに行く、つまり頻尿になります。

もう一つの前立腺肥大症の症状は残尿感です。尿をした後もすっきりとせず残っているような感じがする(残尿感)といった症状が出てきます。この場合は2点の原因が考えられます。①尿管が狭くなって少し炎症をしています。②尿管が狭くなり過ぎて全部おしっこができらないです。

泌尿器と ED・関連性があります?

泌尿器の病気のうち、特に ED と関係が深いのが、「前立腺の病気」と「包茎」です。

前立腺の病気は「前立腺肥大」など、男性では加齢によって誰もが経験する症状です。この前立腺の病気が ED を引き起こす原因のひとつとなっていることが分かってきており、男性にとってはいいニュースではありませんね。

またこの前立腺の外科的手術を受ける際にも、十分に注意が必要です。骨盤内の手術によって勃起に関わる神経が傷ついてしまうと、術後、まったく勃起出来なくなってしまうということもあるのです。

泌尿器の病気でもうひとつ ED と深く関わっているのが、「包茎」です。包茎の場合では、物理的に ED を引き起こす場合がある他、包茎である自分の性器を、女性に見られたくないというコンプレックスが原因となってきます。それぞれの疾患と ED の関係を1つずつみていきましょう。

前立腺肥大に対して治療方法

前立腺肥大症名医の治療については、お薬を使わない方法や、お薬での治療、さらに手術や、外科治療などが挙げられます。

一方、「薬物療法」においては、α遮断薬や、抗男性ホルモン薬など、さらには、植物エキス製剤、アミノ酸製剤、漢方薬など、症状等によりさまざまな選択肢が挙げられますが、副作用等がそれぞれにより異なるので、症状と体調により医師との相談で正しい措置を受けることをお勧めします。

また、外科手術においては、カテーテル留置などが挙げられ、急性尿閉期への緊急的処置として、有用な治療法です。しかし、尿路感染症や膀胱結石を合併する頻度が高いことも難点として挙げられているそうです。セルフ前立腺肥大カテーテル(間欠的自己導尿)といって、尿を排出させる時のみカテーテルを尿道から膀胱内に挿入して尿を排出させ、尿を出し終わるとカテーテルを抜いてしまう方法もあります。セルフ前立腺肥大カテーテルは、患者様自身や介護者が施行できる治療法ため、QOL評価の点においても優れているとの事で、今後期待されている治療法と言われているそうです。

現在検討されている薬物治療法の1つとして、「低侵襲治療」があります。

先端医療としては、レーザー、ステント、高温度療法などがありますが、通常、低侵襲治療の多くは、治療直後には前立腺の縮小効果はみられず、現時点では、低侵襲性と安全性に関する報告はあるそうですが、他の治療方法と比較した有効性ならびに長期成績に関するデータは少なく、標準的な治療法としての結論は見出されていないそうです。

ただ、患者の希望や年齢などの病態以外の要因を考慮すると、今後の発展が期待されており、臨床試験による安全性と有効性の検討を行い、これら「低侵襲治療」の前立腺肥大症治療における位置づけが必要といわれています。

可能性がある・前立腺に関して病気

前立腺に関して病気

1.急性前立腺炎
急性前立腺炎(きゅうせいぜんりつせんえん)とは、前立腺が細菌に感染して起こり、急激に発症する急性の前立腺炎の事である[1]。正確には急性細菌性前立腺炎(きゅうせいさいきんせいぜんりつせんえん)とも言われる

原因
前立腺炎は多くが原因が解明されていないが、この急性前立腺炎は原因が解明されている。尿道、血管、リンパ腺を通ってきた細菌が原因になるもので、多くの場合は尿道を通して感染が起こる。細菌としては大腸菌、緑膿菌等の腸内細菌が主なもので、その他には腸球菌やブドウ球菌のような球菌によって起こる場合もある。そして、発症するのは20歳代から60歳代にかけての男性に多い。

2.前立腺癌
前立腺癌(ぜんりつせんがん)(prostate cancer)とは、前立腺(外腺)に発生する病気、癌の一つ。様々な組織型の悪性腫瘍が生じうるが、その殆どは腺癌で、通常は前立腺癌≒前立腺腺癌の意味で用いられる。2012年4月日本で初めてロボット手術であるda Vinciの保険適応となった疾患である。

3.前立腺肥大症
前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)は加齢とともに前立腺(内腺)の細胞数が増加し肥大化する疾患。

原因
前立腺肥大症の主な原因として、加齢・性ホルモン・喫煙・肥満・肝硬変・アルコール摂取・高血圧・家族歴(遺伝)が挙げられている。ただし、これらはあくまで疑われている要因でしかなく、現在において前立腺肥大症の明らかな原因はわかっていない。

4.慢性前立腺炎
慢性前立腺炎(まんせいぜんりつせんえん)とは、細菌が原因になって起こる慢性の前立腺炎の事である。慢性細菌性前立腺炎(まんせいさいきんせいぜんりつせんえん)とも言われる。

原因
この慢性前立腺炎の原因は、急性の細菌性前立腺炎が慢性化して起こる場合と、何らかの基礎疾患があるか、カテーテルが入っているか、結石のような異物があり、それがブドウ球菌、腸球菌、セラチア菌などの細菌によって慢性的に起こる場合がある。ほかにはただ細菌が原因となる慢性前立腺炎は10%程度と比較的少なく、ほとんどが細菌とは関係の無い非細菌性慢性前立腺炎である。