泌尿器と ED・関連性があります?

泌尿器の病気のうち、特に ED と関係が深いのが、「前立腺の病気」と「包茎」です。

前立腺の病気は「前立腺肥大」など、男性では加齢によって誰もが経験する症状です。この前立腺の病気が ED を引き起こす原因のひとつとなっていることが分かってきており、男性にとってはいいニュースではありませんね。

またこの前立腺の外科的手術を受ける際にも、十分に注意が必要です。骨盤内の手術によって勃起に関わる神経が傷ついてしまうと、術後、まったく勃起出来なくなってしまうということもあるのです。

泌尿器の病気でもうひとつ ED と深く関わっているのが、「包茎」です。包茎の場合では、物理的に ED を引き起こす場合がある他、包茎である自分の性器を、女性に見られたくないというコンプレックスが原因となってきます。それぞれの疾患と ED の関係を1つずつみていきましょう。

前立腺肥大に対して治療方法

前立腺肥大症名医の治療については、お薬を使わない方法や、お薬での治療、さらに手術や、外科治療などが挙げられます。

一方、「薬物療法」においては、α遮断薬や、抗男性ホルモン薬など、さらには、植物エキス製剤、アミノ酸製剤、漢方薬など、症状等によりさまざまな選択肢が挙げられますが、副作用等がそれぞれにより異なるので、症状と体調により医師との相談で正しい措置を受けることをお勧めします。

また、外科手術においては、カテーテル留置などが挙げられ、急性尿閉期への緊急的処置として、有用な治療法です。しかし、尿路感染症や膀胱結石を合併する頻度が高いことも難点として挙げられているそうです。セルフ前立腺肥大カテーテル(間欠的自己導尿)といって、尿を排出させる時のみカテーテルを尿道から膀胱内に挿入して尿を排出させ、尿を出し終わるとカテーテルを抜いてしまう方法もあります。セルフ前立腺肥大カテーテルは、患者様自身や介護者が施行できる治療法ため、QOL評価の点においても優れているとの事で、今後期待されている治療法と言われているそうです。

現在検討されている薬物治療法の1つとして、「低侵襲治療」があります。

先端医療としては、レーザー、ステント、高温度療法などがありますが、通常、低侵襲治療の多くは、治療直後には前立腺の縮小効果はみられず、現時点では、低侵襲性と安全性に関する報告はあるそうですが、他の治療方法と比較した有効性ならびに長期成績に関するデータは少なく、標準的な治療法としての結論は見出されていないそうです。

ただ、患者の希望や年齢などの病態以外の要因を考慮すると、今後の発展が期待されており、臨床試験による安全性と有効性の検討を行い、これら「低侵襲治療」の前立腺肥大症治療における位置づけが必要といわれています。

可能性がある・前立腺に関して病気

前立腺に関して病気

1.急性前立腺炎
急性前立腺炎(きゅうせいぜんりつせんえん)とは、前立腺が細菌に感染して起こり、急激に発症する急性の前立腺炎の事である[1]。正確には急性細菌性前立腺炎(きゅうせいさいきんせいぜんりつせんえん)とも言われる

原因
前立腺炎は多くが原因が解明されていないが、この急性前立腺炎は原因が解明されている。尿道、血管、リンパ腺を通ってきた細菌が原因になるもので、多くの場合は尿道を通して感染が起こる。細菌としては大腸菌、緑膿菌等の腸内細菌が主なもので、その他には腸球菌やブドウ球菌のような球菌によって起こる場合もある。そして、発症するのは20歳代から60歳代にかけての男性に多い。

2.前立腺癌
前立腺癌(ぜんりつせんがん)(prostate cancer)とは、前立腺(外腺)に発生する病気、癌の一つ。様々な組織型の悪性腫瘍が生じうるが、その殆どは腺癌で、通常は前立腺癌≒前立腺腺癌の意味で用いられる。2012年4月日本で初めてロボット手術であるda Vinciの保険適応となった疾患である。

3.前立腺肥大症
前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)は加齢とともに前立腺(内腺)の細胞数が増加し肥大化する疾患。

原因
前立腺肥大症の主な原因として、加齢・性ホルモン・喫煙・肥満・肝硬変・アルコール摂取・高血圧・家族歴(遺伝)が挙げられている。ただし、これらはあくまで疑われている要因でしかなく、現在において前立腺肥大症の明らかな原因はわかっていない。

4.慢性前立腺炎
慢性前立腺炎(まんせいぜんりつせんえん)とは、細菌が原因になって起こる慢性の前立腺炎の事である。慢性細菌性前立腺炎(まんせいさいきんせいぜんりつせんえん)とも言われる。

原因
この慢性前立腺炎の原因は、急性の細菌性前立腺炎が慢性化して起こる場合と、何らかの基礎疾患があるか、カテーテルが入っているか、結石のような異物があり、それがブドウ球菌、腸球菌、セラチア菌などの細菌によって慢性的に起こる場合がある。ほかにはただ細菌が原因となる慢性前立腺炎は10%程度と比較的少なく、ほとんどが細菌とは関係の無い非細菌性慢性前立腺炎である。