前立腺肥大症の原因の情報について

最近の調査の結果、40歳以上の8人に1人が、過活動膀胱の症状であることがわかりました。実際の患者数は日本全国で800万人以上です。前立腺に関する病気がたくさんありますが、その中で一番なるひとが多い病気は前立腺肥大症です。前立腺肥大症は前立腺の内側の部分が腫大(前立腺腺腫)する病気です。では前立腺肥大症の原因は何でしょうか?本文では、前立腺肥大症の原因の情報につてご紹介します。

前立腺肥大の原因は加齢や偏った食生活、血行不良、頻繁な性行為などと言われていますが、ホルモンバランスが大きく関係しているものと考えられます。

高齢になると男性ホルモンが減り女性ホルモンが増えます。こうしたホルモンバランスの変化が、前立腺肥大に深く関係しているのではないかという考えが有力です。、50〜65歳の男性の約15%、65〜80歳の男性の約25%が中等症以上の臨床症状を伴う前立腺肥大症の患者さんであることが想定されています。男性ホルモンの存在と加齢が前立腺肥大症の発生と進行に影響していることは疑いの余地のないところです。

高血圧、高血糖、肥満や脂質異常症との関係や、メタボリック症候群との関係についても、指摘される場合があります。野菜、穀物、大豆などに含まれるイソフラボノイドに前立腺肥大症の発症抑制効果があるとされます。また、喫煙やアルコール、性生活との因果関係を指摘されることもありますが、また研究で、データーからの報告が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です