前立腺肥大に対して治療方法

前立腺肥大症名医の治療については、お薬を使わない方法や、お薬での治療、さらに手術や、外科治療などが挙げられます。

一方、「薬物療法」においては、α遮断薬や、抗男性ホルモン薬など、さらには、植物エキス製剤、アミノ酸製剤、漢方薬など、症状等によりさまざまな選択肢が挙げられますが、副作用等がそれぞれにより異なるので、症状と体調により医師との相談で正しい措置を受けることをお勧めします。

また、外科手術においては、カテーテル留置などが挙げられ、急性尿閉期への緊急的処置として、有用な治療法です。しかし、尿路感染症や膀胱結石を合併する頻度が高いことも難点として挙げられているそうです。セルフ前立腺肥大カテーテル(間欠的自己導尿)といって、尿を排出させる時のみカテーテルを尿道から膀胱内に挿入して尿を排出させ、尿を出し終わるとカテーテルを抜いてしまう方法もあります。セルフ前立腺肥大カテーテルは、患者様自身や介護者が施行できる治療法ため、QOL評価の点においても優れているとの事で、今後期待されている治療法と言われているそうです。

現在検討されている薬物治療法の1つとして、「低侵襲治療」があります。

先端医療としては、レーザー、ステント、高温度療法などがありますが、通常、低侵襲治療の多くは、治療直後には前立腺の縮小効果はみられず、現時点では、低侵襲性と安全性に関する報告はあるそうですが、他の治療方法と比較した有効性ならびに長期成績に関するデータは少なく、標準的な治療法としての結論は見出されていないそうです。

ただ、患者の希望や年齢などの病態以外の要因を考慮すると、今後の発展が期待されており、臨床試験による安全性と有効性の検討を行い、これら「低侵襲治療」の前立腺肥大症治療における位置づけが必要といわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です